「全日本制服委員会」:株式会社タイヨーの制服プロデュース

<美しい地域づくりに貢献するニコニコマークの収集マンが、新ユニフォームを通して3Kのイメージを変えていく>

広島県広島市で廃棄物収集・リサイクル事業を展開する株式会社タイヨー。太陽のように明るく暖かく、人々に愛され、必要とされる会社になるようにという願いが込められた「ニコニコマーク」がついた収集車を、目にされた地元の方もいらっしゃるかと思います。

 

地域の環境資源の有効活用と保全に貢献し、一般家庭ゴミの収集を行う彼らは、町中を活発に走り、地域をきれいにしてくれるだけなく、明るく清潔感のある収集マンを目指しています。そこで「全日本制服委員会」では、彼らのクリーンで暖かいイメージを体現した新ユニフォームをプロディースさせていただきました。

 

廃棄物処理業界は、3k「きつい・汚い・危険」のイメージがありますが、資源回収を通して美しい地域づくりに貢献する収集マンの姿を、社名からあふれるエネルギッシュなカラーを使うことにより、今までのイメージを大きく一新するようなランニングスタイルで表現しました。さらに、ブルゾン・パンツ共にファスナーで分割可能にすることで、幅広いシーズンで着用が可能となり、ポケットやリフレクターをつけることによって機能性・オリジナリティーがあふれるユニフォームへと仕上げました。

 

背中には「ニコニコマーク」のロゴをあしらい、先ほどの3k「きつい・汚い・危険」ではなく、企業理念である3k「かっこいい社員・かっこいい仕事・かっこいい企業」の大きな看板として、業界のイメージを払拭し、地域を明るく照らし続けていくことを目指します。

 

・株式会社タイヨーについて http://www.taiyo-net.co.jp/

1951年に設立し、60余年にわたり広島市を中心に一般廃棄物、産業廃棄物の収集・運搬及び処理を事業とし、近年は循環型社会構築の為、各種リサイクル事業を展開。

社員一人一人の成長が会社の成長につながるという考えのもと、身だしなみや挨拶などの社員教育はもちろんのこと、社員が家族との時間がとれるような勤務形態の見直しや、福利厚生など働きやすい環境づくりにも力をいれています。

 

・制服の生産を担当する原田株式会社について

ORDER UNIFORM COMPANY 原田株式会社

山口県防府市に本社をかまえるワーキングユニフォーム制作会社。

毎日着用するユニフォームが、働くヒトのマインドを変える力があるという考えのもと、

企業が誇りを高められるようなオリジナルユニフォームの制作に取り組んでいます。

それぞれの企業の仕事内容に合わせた機能性、理想や想いをデザインで表現し、ユニフォームを通して「誇りを纏う」を実現していきます。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on Tumblr

    Leave Your Comment Here