青森県弘前市の桜森の制服がいよいよ完成

桜森の制服がいよいよお披露目!
式典にはデザイナー菊池武夫氏と伊勢谷が登壇

002

青森県弘前市の桜森の制服がいよいよ完成し、2015年の弘前さくらまつりにてお披露目されました。

式には制服のデザインをしていただいた菊池武夫氏も参加し、伊勢谷のREBIRTH PROJECTへの想いと、菊池氏のデザインに込めた想いを発表しました。

市長からは、弘前の奇麗な桜を守る彼らの姿がもっとフィーチャーされてほしいとこれからの制服の活躍への期待を語っていただきました。

また、制服に込められたもう一つの想いである、弘前市がこれから国内の縫製業を支えるまちになってほしいという想いを次世代へと伝えるために、講演会を実施。

リバ―スプロジェクト共同代表の亀石がファシリテーターを務め、伊勢谷友介、菊池武夫氏、そして今回の制服の生産を手がけた弘前市の工場を持つセンチュリーグループの森本尚孝社長、IT技術でファッション業界に新風を起こしているデジタルファッション株式会社の森田修史社長という豪華ゲストによる未来のものづくりの可能性のトークセッションを実施しました。

003

制服作を弘前市がこれからの日本のファッションを支える縫製のまちへと成長していくためのきっかけに。
全日本制服委員会はこれからも弘前市のものづくりを応援します。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on Tumblr