青森県弘前市の桜森の新しい制服 投票の結果ブルゾンタイプ×ネイビー色に決定!

全日本制服委員会第4弾となる、
青森県弘前市の弘前公演の景観を管理・保護する”桜守”の新しい制服。
2014年11月1日~9日の間行なわれた投票では、約1500人の弘前市民が参加し、
結果作業服の概念を覆すブルゾンタイプ×ネイビー色の制服に決定しました!

この制服のデザインに合わせて、デザインを手がけた
日本のファッション界を代表する菊池武夫氏が夏用の制服もデザイン。
環境・社会に配慮したエシカル素材を利用したハイセンスな仕上がりになりました。

新しい制服は2015年春の「弘前さくらまつり」でお披露目予定です。
また、縫製は弘前市の工場で行ない、これを機にデザインコンセプトであった「いのちをつなぐ」の
次のステップとして、「日本のファッションを次世代へと繋ぐ」取り組みの一つのキッカケとし、
弘前市が未来のファッションタウンを担う可能性を発信していきます。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on Tumblr